神田店情報

梨地織りのお話し

お盆休みも明けて、神田もすっかり日常モード。活気を取り戻しております。
皆さまは、如何 お過ごしでしょうか?

本日は、梨地織りのご紹介です。
なぜ、梨地織りなのかと言いますと

今 梨が美味しい🍐
(すいません。それだけです。。。💦)

梨の皮のような細かい凹凸感を出した織物、または織り組織を「梨地織り」と言います。

光沢感のない織物で、生地の表面が梨の皮のごとくざらついてみえることからこのようによばれます。

細かい凹凸が、生地が肌に張りつくのを防いでくれる為、夏に使用するアイテムにぴったりの素材です。

エレガントな雰囲気もある生地なので、結婚式やパーティーなどで着用するドレスやワンピース、スーツやジャケットなどのフォーマルなアイテムにも使用されています。

梨地織りはコットン、ウール、化学繊維など様々な糸で織られますが、もともとは梳毛糸を使った薄手のウール生地に使われていました。

「梨地織り」は日本で開発された独自の織物です。

ウール60% コットン40% AGNONA社製




ウール100% 秋冬新作の梨地織りプリント生地。
モダンな感じです。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です