スタッフのないしょ話

日々、進化❕

数匹のハチとハエを入れたビン。これを横に倒し、底を明るい窓の方に向け、ふたを開ける。さて、どちらが早く外に出られただろうか?

実験の結果、ハチは明るい方向に出口を求めて底への突撃を繰り返すが、もちろん出られない。次第に疲れて動かなくなってしまった。

一方でハエは2分とたたずに、ビンの口から出ていった。

ハチは光を好む習性があり、その方向に出口があると知っているという。だが、この実験では「知っていること」が、あだになってしまった。

ハエにはそうした習性がないため、ひたすら飛び回っているうちに、出口を見つけることができたのだという。(エクセレントカンパニー)

過去の経験や手法が、生きるときもあれば、あだになることも。柔軟な発想で進む必要があるのでは⁉

惰性になっていないか?

などと、自分に問いかけしているこのごろ。

平成から令和元年になるからかな⁉

 

さて新しい着せ替えしてみました。

これは、ポリエステルです。なにげにかわいい、美味しそうなドリンク柄🎵

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です