スタッフのないしょ話 · 生地の話 · 神田店情報

秋冬物セール🎈!

本日、9月18日㈫から店舗で秋冬物のセールが始まります!

新着の秋冬生地が早くも20%OFFになっちゃいます!

可愛い生地からどんどんなくなってしまうので、今が狙い目ですよ…!(*‘ω‘ *)

看板のボード、毎回頑張って描いてます(*’ω’*)(*’ω’*)

 

急に涼しくなってきましたね。季節の変わり目、体調を崩しやすい時期なので気をつけてお過ごしくださいませ。

と言ってる私の家族が日曜日に風邪の併発で肺炎に…😔

あまり重症ではないみたいなのですが、一週間程度入院するとのことです…本当に、皆様お気を付けてください…。

 

冒頭から暗い話はダメですね!

新着の生地のご紹介をさせてください(*‘ω‘ *)

シルクジャカードプリント!エレガントなベルトやタッセル柄のプリントです。

地には細かいドットの織り柄も入っていて、光沢のかんじがとても綺麗です✨

 

 

コットンジャージーに一ヶ所だけプリントされた生地!

カラフルなお馬さんと、中心には太陽のような文様が入っています。

力強く走る馬が見事に表現されています!Tシャツの身頃の真ん中などに柄を持ってくるとピッタリだと思います🐎

 

どちらもネットショップや店舗で販売中なのでぜひご覧ください♪

 

さてさて今日は少し、最近観た映画のお話を(*‘ω‘ *)

「判決、ふたつの希望」という作品が素晴らしかったのでご紹介します。

現代のレバノンが舞台のレバノン映画で、アカデミー賞外国映画賞にもノミネートされた作品です。

 

住宅の補修工事作業を行っていたパレスチナ人の男ヤーセルと住民のレバノン人のトニーが、アパートの水漏れをきっかけに些細な諍いを起こし、このとき両者の間に起った侮辱的な言動が裁判に持ち込まれ…

おじさん二人の小さな口論が当人たちの意図しない範囲まで広がり周りがヒートアップし、ついにはレバノンの国中を巻き込む大騒動に!

いわゆる法廷劇で国が抱える問題や暗い過去を浮き彫りにしつつ、ヒューマンドラマでありスリリングであり、とにかくテンポよくしっかりエンターテイメントに落とし込んであって非常に面白いのです。

レバノンとパレスチナの現状は知っているに越したことはないですが、知らなくても変に説明的にならず話の流れで色々分かるのであまり問題ナッシング、まずは気軽に観ていただきたい作品です。

遠い中東の国が舞台となっていますが、これはわたしたち自身の話だなと痛感しました。

全世界の人たちに観てほしい、そうすれば世界が変わるかも?なんて大袈裟でも思えてくるものでした。

現在絶賛公開中!東京だと日比谷シャンテで公開しておりますので、よかったらぜひ(*‘ω‘ *)!

 

前回のブログではホラー映画三昧をご報告しましたが、ホラー映画じゃない作品も結構観ているのです笑

ちなみに今年の劇場公開されたホラー映画だと、「霊的ボリシエヴィキ」「ザ・ヴォイド」「RAW」「ファミリーウォーズ」などが骨太で良かったです。「RAW」はホラーなのかという疑問はありますが。

もうすぐ死霊館が公開ですね!!楽しみだーー!!(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です